毛穴ケアの洗顔法〜その2 毛穴の洗い方


■ 美人革命 ■ フジテレビ「笑っていいとも!」でも大絶賛!365日間返金保証付き!1日たった10分で!シミもしわもなくなる 有名化粧品CMのトップ女優達が楽屋で奪い合うほど大人気のメソッドがついに解禁!芸能人と女優が実践する”宮原もとみ”のアンチエイジングの鬼プログラム たった14日間で10歳若返る方法

毛穴ケアの洗顔法〜その2 毛穴の洗い方

毛穴が開いたところで、たっぷりの泡で皮脂分泌の多いTゾーンを中心にやさしく洗顔します。お肌をなでるようにやさしく洗いましょう。毛穴は額にだってありますから、髪の生え際までしっかりと洗うため、長い人は髪を後ろに束ねましょう。
洗顔前に、まずは水、ぬるま湯で素洗いをして、毛穴から細かいごみを落とします。それからきれいに手を洗い、石けんに少しずつ水を加えながら、泡立てます。泡を壊さず、空気をいれながら、ふかふかの泡を作りましょうね。目安としては、泡が細かくなったな〜という実感が出るまで泡立てた方が効果的です。
まずたっぷりの泡で皮脂分泌の多いTゾーン額から洗います。額は皮脂分泌が一番ある場所ですので、初めにここから洗います。新鮮で洗浄力の強い泡を使ってスッキリさせてしまいます。次は頬を洗います。

皮脂をかきだすように

写真 最後に小鼻などの皮脂をかきだすように丁寧に洗います。
ここで一番注意しなくてはならないのですが、力を入れてゴシゴシ洗顔してしまうと、力をいれて洗うと、皮膚がひっぱられます。皮膚がひっぱられるということは、毛穴もひっぱられます。本来まるいはずの毛穴が、ひっぱられることにより楕円形になります。毛穴がゆがんで変形し、毛穴の中の汚れが出てきにくくなります。たっぷりの泡でやさしく洗顔する事が重要です。

毛穴のすすぎ方

写真 そして、すみずみまで綺麗にすすぎましょう。水、またはぬるま湯でしっかりと泡を落とします。できれば流水ではなく、水を洗面器などにためてすすぐ方がお肌の負担は軽くなりますし、実際に石けんの落ちがよいようです。泡を落としてからさらに10回くらいを目安として、すすぎをします。すすぎ残しのないように、綺麗にすすぐ事がとっても大切ですからね。
石けんがお肌に残ってしまうと、かえってかなりの負担になってしまうんです。ひどいときは炎症を起こしちゃいますので注意です。